IHクッキングヒーター

安全で、お手入れも簡単
「IHクッキングヒーター」はマストアイテム

お手入れが簡単

IHクッキングヒーターのトッププレートのお手入れは、表面温度が十分下がってから濡れ布巾、タオルなどで軽く拭きとるだけ。時間が経った頑固な汚れも、クリームタイプの磨き粉を少量付け、丸めたラップでこすると、プレートを傷つけずきれいになります。

換気扇や壁の油汚れも少ない

火を使わないため燃焼に伴うCO2や水蒸気が発生しません。炎から出る熱が無く、上昇気流が少ないので油煙の飛び散りが抑えられ、お掃除にかかる時間を短縮できます。

「安心」や「便利」がいっぱい

IHクッキングヒーターなら火を使わないから安心。使用中はランプがつくためオン・オフがわかりやすく、操作も簡単です。不完全燃焼や立ち消えの心配もなく、さらにさまざまな安全機能がついているため、うっかり消し忘れたときも安心です。

高齢者にもやさしい

光るボタンや音声ガイドなど、誰にでも使いやすいユニバーサルデザインを追求した機種も登場。

便利さも魅力

ボタンひとつで多彩な機能を楽しむことができます。

  • ・煮込み料理に便利なタイマー機能
  • ・揚げ物温度もワンタッチ操作でキープ
  • ・とろ火設定も簡単
  • ・焼き加減の自動調節などグリル調理機能が充実
  • ※心臓用のペースメーカーをお使いの方は、念のため専門医とご相談ください。

キッチンに合わせていろいろなタイプから
選べます

ビルトインタイプ

一般的なシステムキッチンにピッタリと収まるサイズ。

ロースターなしタイプ

高いデザイン性と同時に収納スペースの拡大も実現。

据え置きタイプ

一般的な流し台のガステーブルスペースにピッタリと収まるサイズ。

コンパクトタイプ

ワンルームマンションやミニキッチンに最適。機能もいろいろ。どんな機能が必要かを考えて選びましょう。

オールメタル

今お使いのアルミ鍋などすべての種類の金属鍋が使える。

3口IH

3口ともIHなので、高い安全性や、お手入れのしやすさなど、使い勝手がさらにアップ。

鍋ふりもできる

高感度の光センサーで、鍋をトッププレートから離しても、素早く温度復帰できます。

お手入れ簡単フラットグリル

庫内の底面がフラットなので、奥まで手が届き、お手入れがスムーズに。

内装の選択肢が広がる。
あなたの理想のキッチンづくりに最適

人気のアイランドキッチンやオープンキッチンを設計する際、IHクッキングヒーターなら火を使わないので、建築基準法で定める「内装制限」の適用を受けない場合が多く、内装の選択肢の幅も広がり、あなたのイメージする理想のキッチンが実現できます。

  • ※建築基準法では、内装の制限を受ける範囲や箇所と、使ってよい材料が定められています。ガスコンロのあるキッチンなど、火を使う部屋の内装は、燃えにくい材料を使う必要があります。

とろ火はもちろん、高温の炒め物まで活躍。火力の幅が広い

IHクッキングヒーターは火力帯の幅が広いことが特色。炎よりも繊細なとろ火から、炎以上の強力火力まで、簡単操作で調整できます。200Vのハイパワーで中華料理も、炒め物も、お手のもの。しかも鍋やフライパンの把手が熱くなりにくいため、快適にお料理ができます。

火を使わないから安全

住宅火災の原因の第3位は、コンロからの出火。その多くは過熱防止装置のない器具を使用し、火をつけたままその場を離れることで発生しているようです。キッチンは何よりも安全性を優先したいものです。

  • 主な出火原因別の出火件数(H29年中)
  • 出典:総務省消防庁 消防白書平成30年度版

リフォームでも。
IHクッキングヒーターの取替えはとっても簡単

システムキッチンまるごとではなく、ガスコンロだけの取替えもできるため、費用も工事日数も抑えられます。

システムキッチンの場合

IH・ガスコンロを問わず、ビルトインタイプの開口枠は統一された規格が用いられており、はめ替えるだけで簡単に工事が完了します。

機器メーカーのホームページはこちら